月経困難症治療

インターネット予約システム
8週間先まで予約OK!
当院の診療は完全予約制となっており ます。待ち時間短縮・お時間の有効活用のために、どうぞご活用ください!
予約する
予約方法について
050-5846-1539
携帯から予約
診療時間
午前09:00-12:00 / 午後14:00-16:30
 
午前 ◯ ◯ - ◯ ◯ ◯
午後 ◯ ◯ - ◯ ◯ -
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南1-4-12
下平レディスクリニック地図
  • 東京メトロ丸ノ内線「東高円寺駅」
    下車徒歩5分
  • 都営バス「高円寺南一丁目」
    下車 徒歩1分

月経困難症とは

月経困難症は、月経のある女性の3~7割に認められるといわれ、「薬は体に悪い」という誤解からじっと我慢している方も多いと思われます。しかし、最近の研究により、強い痛みを我慢し続けると、疼痛を感じる神経細胞の状態に変化が起こり、痛み自体が慢性化して治りにくくなることがわかりつつあります。また、月経困難症の半分近くには子宮内膜症などの器質的疾患が認められ、放置すれば進行して不妊症になる危険もあります。

また、もし、月経痛で2~3日間仕事や生活に不自由が生じていたら、一年間でおよそ35日、一月以上がむなしく過ごされていることになります。これは、自分にとっても社会にとっても大きな損失ですね。

当院では、月経困難症の程度を詳しくお聞きし、どのくらい、生活に支障があるのかを評価します。次に内診や超音波検査、血液検査などで、子宮内膜症や子宮筋腫、ポリープ、その他婦人科的な病気がないかどうかを調べます。手術が必要な場合を除外し、薬で治療するなら、どんなものが一番合っているのかを検討して処方しています。

新しい月経困難症治療法について

毎月、月経痛に悩まされている方々に朗報!月経困難症(生理痛)の新しい治療薬が認可されました。月経困難症の治療として、検討の対象にしているのは、鎮痛剤、漢方薬、月経困難症のための低用量ピル(ルナベル、ヤーズ)です。

低用量ピルは、避妊薬として広く使われていますが、排卵を止めて月経痛を軽減、月経量も減るため、月経困難症の治療薬としても大変有効な薬です。ただ、残念なことに、ルナベル以外は保険適応がありませんでした。今回、承認されたヤーズは、月経困難症治療薬としてのみ、適応が認められ、逆に避妊薬としては扱われていません。ヤーズの画期的なところは、従来日本で使われてきた低用量ピルとは、含まれている薬の成分が(日本では)新しいということです。

ヤーズのメリット

低用量ピルはすべて、エチニルエストラジオール(EE)と、合成黄体ホルモンの合剤で、EEは全部に共通、合成黄体ホルモンに第一世代から第四世代までがあります。従来は第三世代までで(ルナベルは第一世代)、ヤーズに含まれるのが第四世代といわれるドロスピレノンです。第一から第三世代までの合成黄体ホルモンが男性ホルモンをもとに合成されているのに対し、ドロスピレノンだけが利尿ホルモンをもとに合成されているため、従来の低用量ピルで現れた副作用(むくみ)が出にくい、ニキビ改善度が顕著、という特徴があります。

また、ヤーズに含まれるEEは0.02mgで、従来の0.035mg前後と比べて、もっと低用量になっているため、EEによる副作用(吐き気、血栓症)などが起きにくいと考えられます。さらに、従来の低用量ピルでは実薬が21日間で偽薬7日間で、この偽薬期間中に、ホルモン変動による頭痛や乳房痛が起こりやすかったのですが、ヤーズでは、実薬24日間、偽薬4日間となっているため、そういった症状も起きにくくなります。海外では、月経前症候群にも有効であることが認められています

ヤーズのデメリット

欠点としては、EEがごく低用量であるため、副作用が少ない代わりに、出血を抑える力が若干弱いということがあります。このため、服用開始の一周期目は、出血がだらだらと続くことが多く見られます。とうとう一月少しずつだけれど止まらなかったということはよくあります。ただし、2,3か月の間に、その出血も短くなり、月経自体が大変軽くなってきます。最初のうちは出血がだらだらすることをわかっていればそんなに心配することはありません。

今は、月経困難症は我慢する時代ではありません。何日も寝込むという方は是非ご相談ください。最善の方法を一緒に探してみましょう。

関連項目はこちら

更年期障害
思春期外来
子宮内膜症
妊活のススメ・AMHのお話
子宮膣部びらん
性感染症(STD)